2018/04/16

地域でのローションマットプレイの違い

地域でのマットの違い

マットプレイの場合大きく分けて、

関東のソープマット
全国チェーン(ハレ系・すすきの・埼玉・横浜・福岡・熊本)のマットヘルスのマット
東海地域のソープマット
名古屋のヘルスのマット
関西以西地域のソープマット
大阪のヘルスのマット
熊本地域ソープのマット
とあります。

細かい事はまた別記事にする予定なので、
大まかに何が違うのかを書いてみました。

ソープの場合

所要時間が一番長いのは、関東のソープマットです。
所要時間が一番短いのは、熊本地域のソープマットです。


これは、マットのする事の根本的な違いと、推奨スピードの違いもあります。

関東の場合、じっくりゆっくりになって、胸洗い+舐めは別で行って、脇まで胸洗いと舐めがあるからです。

熊本は速攻型興奮マットです。空港系・ブルーシャトーなどは90〜100分で3〜4回戦する為、マットにそこまで尺を取れないから、興奮度高めの少ない技を密着しながらの舐め中心になって、胸洗い単体がほとんどないです。

関西に関しては、関東よりも脇からの足を使った松葉的な技が増えますが、脇からの胸洗いや舐めは重視されていません。


ヘルスの場合

所要時間が一番長いのは全国チェーン(ハレ系・すすきの・埼玉・横浜・福岡・熊本)のマット店のマット。
所要時間が一番短いのは大阪のヘルスのマットです。


これは、基本サービスの違いが大きいです。

ハレ系はサイトを見ても流れが明確化されていて、60分コース目安で内容の最適化されています。内容は関東ソープマットに近いです。
http://www.sp-matto.com/info/play/
YESグループもほぼ同じ。
恋愛グループのマットも、
ハレ系とほぼ同じです。椅子があるのが特徴かな。

大阪のヘルスマットは、リッチドールなどが、40分コースがあり、55分でもマット→流してフィニッシュはベットの大阪スタイルなので、マットの基本所要時間が短く、基本内容も少ないからです。関西ソープマットの特徴の松葉とかも要素ほぼなし。

名古屋はお店のグループによって教える事が違うので、一概に言いにくいですが、時間は関東に近い長さで構成されていますが、20分前目安に終わらせて流すように教えられるので、時間はやや短くなります。名古屋特有の内容はマンズリ要素が入っています。特徴的なお店はアナルをかかとでキックするのもあります。また関西の松葉要素も増えます。

【関連記事】
日本一詳細なマットの図鑑



0 件のコメント:

コメントを投稿